どうして太陽光発電で電気が生まれるのか

考えてみると太陽光発電で電力が生み出されるというのは不思議な物ですね。他の発電方法の物ですとタービンを回している訳ですから一応納得できるんですけど、こちらはそうではありませんからね。

根本的な発電の仕組み自体が異なっているという事になります。小学校か中学校の方でそれに関する授業も行われている様ですけど、それ程長時間という訳ではないですからね。あまり頭の中には残っていないというのが実際のところではないかと思います。

これは大きな損失であると言えるでしょう。この国の将来の期待が掛かっている発電方法なのですから、それくらいの事は全ての国民が理解しておくべきだと思うのです。ですから今後はそういった部分に関して教科書等で積極的に取り扱って行く必要があると言えるでしょう。

1ページとか2ページでは正直言って少ないとしか言いようがありません。最低でも10倍ぐらいに増やしていただきたいですね。これ位の事をやってもまだ足りないくらいではないでしょうか。

太陽光発電がどんな物なのかという事を子供たちが知れば、将来の普及のキッカケにもなるでしょうからね。そういった意味でも総力を挙げて教育すべきではないかなと思います。

他の発電方法も公平に取り上げるべきではないかという意見もありますが、こちらは既にある程度理解が進んでいますからね。今更再度やる必要もないのではないかと思います。

それよりも重要なのはこれからでしょう。未来という事を考えれば太陽光発電が重視されるのは当然なのです。

大人よりも子供の方が物を憶える力というのは強いですからね。効果の方も大きくなるのではないかと期待できます。ただ、メリットを知るという事は大切ですけれども、それと同じようにデメリットに関しても知っておかなくてはいけません。

広大な土地が必要ですからね。そういったことを知っていれば今後の問題解決にも役に立つでしょう。あえてデメリットを知ることによって、結果として普及が進むのではないかなと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です