スマートハウスのベースとなる太陽光発電

スマートハウスと言うキーワードが一般的になってきましたが、その中でもメインとなるのは太陽光発電ではないでしょうか。

新築であっても、既築であっても太陽光発電に関しては屋根さえあれば取り付けることが可能です。

当初から比べると太陽光発電の買い取り価格がレートが下がっているため、一般住宅での採用も減りつつあるのは残念なことです。

しかし、スマートハウスの普及を考えた場合にエネルギーを作る、つまり創エネに関しては、太陽光発電がこれからもメインであり続けるはずです。

そして、前述の通り買取価格は下がっていても、家庭でエネルギーを使うにあたって余ったエネルギーは売電できる仕組みはこれからも変わりません。

もちろん、畜エネ、省エネも含めてスマートハウスは成立するわけです。

太陽光発電をスマートハウスのキーとして考えた場合に課題となるのはなんといっても初期投資と回収の関係になります。
初期投資は平米あたりの太陽光パネルの値段と工事費用になります。そしてそこから得られるエネルギーが1人あたりで何ワットになるのか、そしてそれが自宅での省エネににどれだけつながるのか、さらには季節によっては売電するほどの容量に達するのかをシュミレーションしたいのは購入者の本音です。

しかしながら、太陽光パネルも発電効率が落ちていく事は残念ながら否定できません。

また、投資と回収の関係において住宅施工会社や営業が、何年で回収可能という断言は難しいのです。それは保証できないからです。

あくまでも購入前のシミュレーションは理論値であり、保証されたものではありません。

とは言え、毎月のランニングコストを考えると光熱費が安くなる事は言うまでもありません。

初期投資の上積みは考慮しても、毎月の光熱費が安くなることで納得できれば太陽光発電、ひいてはスマートハウスの導入を図るべきだと思います。

多少、トータルコストでマイナスになろうとも間違いなくメリットを享受する事はできるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です