夏場に最大の力を発揮する太陽光発電

電力の需要が最大に高まるのは夏の暑い時期だという風に言われています。その様な事を考慮すれば、やはり太陽光発電というのが無視できなくなってきます。太陽の光が強くなっている時こそがもっとも効率よく発電できるわけですからね。

万が一の停電に備える意味でも活用できるのではないでしょうか?ただ、それなりに弱点というのも存在している訳ですから、それに対する対策というのもしっかりと講じておかなくてはいけないでしょう。

具体的に言いますと、曇りであるとか雨に対して弱いのです。日差しが弱くなってしまうと当然の事ながら発電量が急激に低下してしまいますからね。これに対する問題解決策がなければいけないのです。

やはり方法としては各地に分散して太陽光発電の設備を配置するという事になるでしょう。

こうしますと1箇所が曇りで発電できなくなってしまったとしても、他の部分で補うことができますからね。リスクの分散化と言えば分かりやすいんじゃないでしょうか。

また、他の方法としては蓄電池を活用するというのもあるでしょう。まだ大規模な物はそれほど普及していないというのが現状ですけれども、これからは容量の大きいものがドンドン出てくるでしょうからね。

そういったことも現実的になるのではないでしょうか。これですと先程の様なケースでも全く問題ないという事になります。全ての太陽光発電所が曇りの状態になってしまったとしても蓄えられた電池から電気を供給する事ができますからね。

こういった事は設備投資にお金が掛かるというのがある訳ですけど、それも普及するに従って安くなってきますからね。

どんな物でもそうではないでしょうか?携帯電話だって出始めの頃は1台何万円もしましたからね。

でも今は格安で手に入れることができますよね。太陽光発電のパネルも今はそれなりの費用が掛かるわけですが、今後ドンドン安くなってくる事でしょう。こうなれば益々普及が進んで行くことになると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です