太陽光発電についてのコストについて

太陽光発電システムを導入する際には初期費用が莫大にかかるために、初期費用にばかり目が行きがちですが、ランニングコストもしっかりと計算して、導入を検討しなければなりません。初期費用とランニングコストをプラスしたものが太陽光発電にかかるコストということになりますが、太陽光発電を導入することによるコスト面のメリットを比較して最終的な導入を決めるべきです。

初期費用はキロワットあたりの発電量に対するコストから計算します。太陽光発電システムは少しずつ値段が下がってきていますし、設置できる面積などによっても初期コストは変わってきます。

最近ではキロワットあたり30万円から40万円程度と計算すればいいでしょう。4キロワットから5キロワット程度の設備の設置が多いことから初期費用は150万円から200万円程度が多いと考えられます。設置のための補助的な工事が必要ならばそのコストは当然プラスされることになります。

ランニングコストですが、これは太陽光発電システムのメーカーや設置会社の保証期間によって大きく変化します。大抵は保証期間であればランニングコストがかからないことが多いので、本当の意味でのランニングコストは保証期間後に必要になってきます。

保証期間後にはトラブルが発生しなければ、メンテナンスコストが中心となりますが、メンテナンスをしっかり行わないと発電効率が悪くなることも少なくないので、メンテナンスはしっかり行う必要があります。太陽光発電システムの機器の故障やトラベルなどではそれなりのコストが必要となります。

コスト面でのメリットは、月々の光熱費が安く済むことがまず考えられます。そして、太陽光発電によって発電した電力を使用しても余った場合には余ったすべての電力を決まった価格で買い取ってもらうことができます。

それに、導入時においては国の補助金はなくなりましたが、自治体単位では導入時に圃場金が出ることもあるので、調べておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です