太陽光発電の固定買取制度はどうなるのか

太陽光発電の導入を検討している人にとって政策としての余剰電力の固定買取制度がどうなるのかは太陽光発電を導入する上で大きな要素であるといっていいでしょう。

思い起こしてみれば2011年の東日本大震災と福島第一原発の事故を契機に自然エネルギーや再生可能エネルギーが注目され、そのトップランナーが太陽光発電でした。たくさんの企業がメガソーラーと呼ばれる大型太陽光発電に算入しましたし、個人の住宅にも新築物件を中心として太陽光発電を設備することが急速に普及しました。

しかし、太陽光発電システムはメガソーラーであっても、個人の住宅であっても設備を導入するための初期費用が莫大にかかることから、政策としての補助金や固定買取制度が導入されることになったのです。

太陽光発電関連事業はバブルと呼べるくらいの好況になりましたが、電力供給が安定するにつれて、頼みの綱であった固定買取制度の価格がだんだん引き下げられるにしたがって、太陽光発電のブームは去りつつあります。太陽光発電関連企業の倒産や不況が続いており、太陽光発電関連事業はどんどん苦しくなってきています。

これからも、固定買取制度の価格は下がっても上がることは考えにくくなっており、これから太陽光発電システムを導入する人は固定買取制度には大きな期待をしないほうがいいと思われます。

しかし、個人の住宅では売電できるのは余剰電力であることで、自宅で消費する電力分は電気料金がかからないので、固定買取制度の価格が下がっても、しっかりと計算をすればまだまだ太陽光発電システムを導入する余地はあります。

一時と比べると太陽光パネルの価格も下がりましたし、考え方によっては太陽光発電システムの導入はまだまだメリットがあります。ただし、固定買取制度は導入した年の価格が10年間は維持されることになっているので、固定買取制度の価格が下がる前に導入していれば、ある程度の期間は価格が維持されるので、早めの導入が有利であると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です