自然エネルギーである太陽光発電への投資の満足感

原発事故により電力をどのようにして供給するのかということがにわかに課題になったことで、自然エネルギーへの関心が一気に高まるようになりました。

その中でも太陽光発電というのは、これまでになく盛り上がり、電力自由化という政策によって新規で参入する業者がかなりの数になったというのは記憶に新しいのではないでしょうか。

特に太陽光発電という太陽のエネルギーでの発電というのは、実にイメージがよくて爽やかという感じがします。太陽光発電のためにパネルを設置する家庭は急増しましたし、会社でも社屋の屋上にソーラーパネルを設置した会社は少なくありません。自然のエネルギーを活用することは長い目で見ればよいことばかりであり、採算という観点だけでは判断できない部分でもあるでしょう。

そのような太陽光発電ですが、特に地方においてはまだまだ土地がたくさんあること、また畑を以前はしていたものの、今は止めてしまい、土地だけが遊んでしまっている、そのような状況にある人たちが大規模にソーラーパネルを設置して土地を有効活用し、そのパネルで発電できた電力を売ることで、利益を出すという投資が流行りました。

そして将来的にはその費用をできるだけ早い段階で回収し、それ以降は不労所得のように自動的に売電による収入を安定して得ることができるということが賢い投資という判断なのです。

そのようなパネルはかなり広範囲でびっくりするほど一面に設置してあるところさえあります。規模をそれだけ大きくすれば儲けを得るのも大きくなるわけですし、思いきって投資をするのです。

そのような投資は当初はかなり良いペースで成功していきましたが、最近は売電価格が下がってきていることが少しの懸念材料にはなっていますが、いずれにしても太陽光発電によって電力が確保され、自宅の電気料金の分をパネルでの発電で賄うことができれば、精神的にも楽ですし、環境にいいことをしているという自覚が満足感につながります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です