雪が多い地方でも太陽光発電の設置はお得?


太陽の光を電力に変換する太陽光発電ですから、日照時間が短かったりソーラーパネルがうまく機能しなくなってしまいそうな豪雪地帯には向いていないではないかという声も聞かれます。

ですが、設備も進化した近年では冬場は雪に覆われてしまう地域でも太陽光発電の導入率が決して低くはありませんし、年間の発電量自体も全国の平均から大幅に遅れを取ってしまっているということもありません。

これは雪こそ降りますがそれ以外は発電に適している気候は長く続きやすい傾向にあるため、日照時間が少なくても発電量をカバーすることができるおかげなのではないかと言われています。

中には屋根に設置している発電用のパネルが雪に埋もれてしまって発電が不可能になるという意見も見られますが、豪雪地帯だからこそこうした太陽光発電のためのソーラーパネルの設置には配慮が徹底されています。

パネルの表面が雪で覆われてしまわないように滑走性能に優れているモジュールを選べば問題ありませんし、性能はほぼ失われません。

屋根から滑落する雪で自宅や近隣住宅に不都合がないように工夫をすることこそ必要ですが、パネルが凍って全体に雪がへばりついてしまうといったトラブルもあまりなく、冬場はほとんど発電が不可能になるというのは誤りです。

パネルから落ちてくる雪の扱いに関してはかなり気を使うことになりますが、しかし、雪国でもオール電化の住宅比率は低くなく、家を新築する際にも太陽光発電住宅を希望する人は少なくありません。

燃料の高騰で暖房器具の稼動に必要な灯油の購入もなかなか負担が大きくなります。

ですが、オール電化にすれば灯油費用を0にして冬を乗り切ることができ、なおかつ太陽光発電で電力負担も減らすことができればかなりお得です。

豪雪地帯であっても太陽光発電のオール電化の組み合わせで損をすることはありませんので、光熱費を減らしたいと考えるのであれば、太陽光発電の導入は充分に選択肢に入れられます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です